日記・ブログ


脚の形状を悪くする3つ

お客様のお悩みの中で、脚のラインについて悩んでいる方はとても多いです。

脚の形状が気になる。脚だけ痩せない等・・。

 

脚は脂肪で太くなっているというよりは歪みや筋肉太りよって形が崩れ、太く見えてしまいます。

 

脚が太くなってしまう主な要因は、歪みや過剰な筋肉をもたらす脚の使い方をしていることです。

 

 

脚の形状を悪くし、太くしてしまう脚の使い方の主な3つをご紹介します。

 

 

 

1:内股歩き

 

”内股はO脚になる”ということをご存じの方は多いとは思いますが、内股でいると形が崩れるだけではなく、ふくらはぎや太ももが太くなりやすくなります。その理由は、脚の外側の筋肉に負担をかけてしまうため。

 

太いといってもふくらはぎや太ももの外側を触ると、脂肪のような柔らかさはなく少し固くなっている方は、ほんの少しだけつま先を外側に向けるよう意識してみて下さい。

 

脚の内側を刺激して外側に余分な負担を与えずに、バランスよく歩くことができます。

また、お腹にも力を入れて歩くことも大切なポイントです。

 

 

2:片側に重心をかけた立ち方

 

”脚が左右で太さが違う”という人は、左右どちらかに重心をかけるクセがないか確認してみてください。

 

立っているとき、無意識にどちらかに重心をかけていることもあります。

これも内股同様、片側の脚に過剰な負荷をかけてしまうため、脚が固くなってしまいます。

 

立つときは、出来るだけ左右バランスよく真っ直ぐ立つことを意識してみて下さい。

 

 

 

3:前傾した歩き方

 

歩き出したとき、一番前に出るのは体のどのパーツですか? 

ほとんどの場合「つま先」と答える人が多いとは思いますが、実はつま先とほぼ同じ位置に頭がくる人も多いのです。

 

これは体が前傾したまま歩いているため、背骨が前に前傾して丸まった状態で歩いてしまうためです。

 

これでは全身が歪むだけではなく、脚の前側に力がかかってしまい脚が太くなる原因にもなります。

 

まずは、アゴを少し引いて姿勢を正して横から見たときに頭が先に出ないよう気を付けて下さい。

 

 

 

身体を動かす上で一番の働き者といっても過言ではない脚。

だからこそ、日常的な動作がじわじわと影響を与えています。ほんの少しずつ意識して変えていきたいですね。

 

キレイに着こなすためにもスラリとした美脚でいたいですよね~