日記・ブログ


筋力がないと猫背が楽?

突然ですが、今どんな「姿勢」をしていますか? 猫背で画面を見ていませんか?

 

見た目の印象も悪い「猫背」は、筋力が衰えたり内臓の働きが妨げられたりとカラダへの悪影響も大きいです。


さっそくですが、猫背度診断をしてみましょう!

 

1.慢性的な肩こりがある

2.そのままの姿勢で、横から見たとき、肩より耳が前に出ている

3.肩だけでなく首もこっている

4.運動不足である(週に2回以上、運動する習慣はありますか?)

5.デスクワークが多い

6.靴裏の減りが左右異なる

 

上の6つの項目、当てはまるものはあったでしょうか?

 

「猫背がラク」という方は・・。実は体中の筋力が低下している証拠なんです。


筋肉で身体を支えないと、骨格が歪みやすく健康面にも良い影響を及ぼしません。

筋肉を使い、シッカリと骨格を支える習慣を身に付けましょう。

 

猫背を気にしている人も、猫背の認識がない人も、

下記の3ステップで、日常生活から正しい姿勢を心がけましょう!

 

 ステップ1
肩甲骨を引き寄せ胸を開く。
この時、肩を床方向に押し付けるのがポイント!
肩甲骨周辺が硬いと、この動作が困難になります。

 

 ステップ2
横から見たときに肩と耳が一直線である。
首の筋肉が硬いと頭を動かすことが困難になります。
首の筋肉は背中からつながっていますので「猫背」の方は難しい動作です。

「首」はデリケートなパーツなので、無理矢理動かすとトラブルの元になりますので、状態に合わせて無理のない範囲で行いましょう。

 

 ステップ3
壁に立ってチェック。
壁に、踵・ふくらはぎ・おしり・肩甲骨・頭をつけましょう。
背中が反り過ぎないように「おへそ」を壁に押し付けるイメージでトライしてみて下さい。
背筋が真っ直ぐに伸びますよ!

 

 

一日数時間からはじめ時間を伸ばして無理なく続けると、次第に正しい姿勢が習慣化されて、身体から猫背が抜けていきます。

 

背筋を伸ばす事は、健康面だけでなく外見的にも好印象をもたらします。

背筋を伸ばして健康でイキイキと過ごしましょう!