日記・ブログ


骨盤の歪みと靴の関係

「靴底みれば歪みってわかるんですか?」とお客様に聞かれたりすることがあります。

 

正直、わかるようなわからないような・・。

曖昧な返事になりますが、、特徴的な歪みは分かりますけど・・。という感じでしょうか・・。

 

たとえば、かかと部分の外側がすり減っている靴底は骨盤が歪んでいると決めつけている方も多いような感じがしますが、実際には外側からすり減るのは普通のことです。

 

角度だったり、左右のバランスに違いがあるものは姿勢あるいは骨盤の歪みの疑いがありますが・・。

 

でもある程度は、足の動きがどうなっているかを推測することは出来るかと思います。

 

スカートが右に回る人が履いている靴は、右足側は左足側よりも甲高になる傾向にあり、つま先はつまづきやすい左足の方が傷みやすくなります。

 

このように、靴全体の状態をみることで足の歪みはある程度は判断出来ます。

 

でも、整体師がもっとも注目しているのは靴底よりも足そのもので、偏平足タイプか逆にアーチがきつめのハイアーチタイプか?ということに注目するかと思います。

 

大きくですが、この2つのタイプに分けることが出来ます。

 

骨盤からの歪みの影響を受けて左右差のある方も多いです。

 

足は地面からの衝撃を和らげる機能をもっています。

 

歩いたり、走ったりすることで土踏まずのアーチに体重がかかるごとにつぶれてクッションのような役割をします。

 

しかし、身体の使い方や歪みがあると衝撃を和らげる機能が失われていわゆる偏平足になってしまいます。

 

人は歩いている最中には、着地の直前に足の指を反らせ土踏まずのアーチを強める動きを無意識にすることで足裏の強度を高めています。

 

でも、歩行時に足の指の先が自由に動かせないと足の指を十分に反らすことができず、足裏には大きな負担がかかってしまいますし、骨盤矯正の改善にも足の指を締め付けない靴をすすめます。

 

骨盤の歪みのも関わりがけっこうあるんですよね・・。